tigrilloという野良ネコの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲子林道、西部林道

<<   作成日時 : 2010/12/14 15:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

福島県白河へ行くとなったら?? それはもう、みなさん御存じあの酷道しかないでしょう!! ということで

当然行ってきました。酷道289。 甲子林道。 別名、登山道酷道。

大ざっぱな地図を下に示しますが残念なことに「甲子トンネル」が一年ほど前に出来てしまっており、登山道の方は

もう需要がなくなってしまい、ウィキペディアによるとおにぎり看板も登山道からは撤去されているらしいという情報。

画像


下を東西に通っているのが新しく完成してしまった国道、そして上を東西に延び、黄色く色づけられているのが

かつての登山道酷道。ちなみにこの酷道は途中で西部林道(紫色のライン)に繋がり、そこから現在の国道に

繋がっています。 西部林道は北部へかなり長く伸び、途中スキー場を経由してさらに北の国道118に繋がります。


今回、エブリイで甲子トンネルを超えて西の分岐から甲子林道に自転車で入り、うまくいけば西部林道へ抜けて

国道289に戻り、自転車で甲子トンネルを超えてクルマを取りに帰る。ダメだったら途中で引き返せばおk、

そんな計画を立てていたわけです・・・。


学会が終わったらまずは甲子トンネルを見に出発します。

実はその途中の「きびたきトンネル」も世にも珍しい枝分かれのあるトンネルで、これも楽しみにしていました。

なぜ枝分かれがあるかというと、初めに作っていたトンネルが、完成直後に崩落を起こし半分が使い物にならなく

なってしまい、しょうがないので使える方の半分を使いつつ、隣に新しく掘ってトンネルを完成させたためなのです。

ところが、である・・・  残念なことに使わない方のトンネルを完全に塞ぐ工事をやってて・・・

写真を撮れる雰囲気ではない。それどころか停車も困難!!



画像
画像

しょうがないので写真をネットで探してきました。実際こうなっていて、右のトンネルのみ通行可能です。

すごい異常な雰囲気なんですが、判っていただけたでしょうか・・・。


さて気を取り直して本題の方へ行きます。甲子林道を超えたところにある待避所へクルマを停め、腹ごしらえして

いざ甲子林道へ!!

画像


エブリイ「えっ・・・・これ・・・??」


画像


まぁ、登山道で階段もあることがあらかじめ判っているのでクルマは無理だよね。ということでSURLY発動。

剣山スーパー林道帰りでばっちりダート仕様、旅仕様の相棒を引っ張り出してきました。 ところが・・・

画像


あれ?? これ道じゃなくね??

開始、まだ100メートルほどです。右は川になっており、道ではありません。予想以上に道がなくなるの、早すぎ。

しょうがないので地図とは違っていますが川の右側から再度アプローチしてみます。本来は川を渡るような道が

ついていた「はず」なのですが。 すると・・・



画像


あ!!!!! 舗装路っぽい! これだぁ! 喜んでこの道を突き進みます。

画像


斜度かなりあります。 ところがこんな舗装もつかの間。



画像


いや・・・・ちょっ・・・・ えっと・・・・これは・・・・ だってその、まだ二キロ行ってないよ!?

完全に藪こぎ作業になって・・・・ すみません・・・・これは無理。と判断しました・・・



行きたかった、特に抜けられてなんぼの酷道に門前払いをくらわせられた格好になり、傷つきながらこのあたりを

探索。きびたきトンネル以外にも、ここには見どころの道路、景色があるのです。

画像


まずは水路。ここの手前には勾配20%の看板が・・・・ ちなみに、元国道です。クルマだったけどキツかった!!


画像


そして雪割橋。写真はそこからの風景です。 橋自体は、クルマが同時に二台乗るのはどうかと思うような橋。


でもこの観光地? を見に行ったことが1つの転機となりました。この雪割橋のたもとにある、土産物屋さんの

おじさんがめちゃめちゃ話好きだったのです。 クルマを停めてうろうろしていると、マイクで呼びかけてきます。

おじさん「遠くからも食べにくる、おいしいソフトクリームはいかがですか? 

おだんごもありますよ、そこの広島ナンバー! 是非お立ち寄りください」

tigrillo「Σ(´∀`;)」


ここでお団子をいただいてしまったのですよ・・・。これが運のつき。

話し好きなので本当に広島から来たことを話しながら、甲子林道、そして西部林道のことを伺います。

本当は西部林道を逆走して、甲子林道への分岐点を見に行こう!と思っていて、それだけの情報収集のつもり

だったのですが、おじさんが「若いころ、オフロードバイクで通った」とか言い出して・・・・


この日はもう日没が近かったのでちょっとダートの様子を見に行くにとどめました。

白河の日本一古い公園に戻り、作戦を練ります。 広島は南にあるので、北に抜けても帰れないぞ?

ということで、北から西部林道を完全走破すること。を目的にすることにしました。が・・・(今回この流れ多すぎ)



画像


げっ! マジかよ。どうやって国道118に行けばいいんだ!?

というわけで今度は険道へ・・・・・・・・・・ まぁクネクネして狭い、という以外は案外と大丈夫だったのですが・・・。

今回、予想外に酷い道を攻めすぎ。 そのほか、間違えて自衛隊演習場に突っ込みそうになったり・・・

ダートの先にある神社へ行っちゃったり・・・。紆余曲折を経てたどり着いた西部林道はこんなでした。


画像


まずは起点。 ここまでも充分にダートを堪能してきてるんですが・・・・ でもここが起点らしいですよ?

画像


この林道は間にスキー場を挟んでいます。さすがにその周辺は舗装してあります。 北側からスキー場までは

比較的整備された、現在も利用されていることが伝わってくるようなステキな林道。

画像


ところがスキー場からは雲行きが怪しくなっていきます・・・・。 まだまだ道幅も広く、行ける!

画像


エブリイだと、こういう道では緊張が走ります。同乗者がいないので一度スタックすると手の出しようがないから。

一応要らない毛布などは積んでいますが、決定的にトラクションが足りないのでバックなどは不可能です。

画像


そしてようやくたどり着いた、西部林道と甲子林道の分岐。写真は甲子林道の方です。

はっきり言って分岐がこんな状態なのでは向こう側で勇気を出して突っ込んだとしても通れたとは思えません。

引き返して大正解。もう、甲子林道はなくなっていく運命なのでしょう。悲しすぎますが。

画像


西部林道の方もどんどん細くなります。さすがのエブリイでもUターンは不可能なくらい。

写真、まだ路面がガレてはいませんがガレガレになっているところはそれは酷いものでした。

画像


狭い。 写真の場所ではまだなんとかクルマから降りられたので今のうちに!と写真を撮りました。

これほど狭い林道は初めてです、雪割橋のおじさんはかつては10トントラックが通ったことがあると言っていたので

こうなっているとは思ってもみませんでした。降りるために左に寄せただけで、普段はちゃんと真ん中走りますよw


ようやく雪割橋までたどり着いて、おじさんに西部林道の話をしながら今度はソフトクリームをいただきました。

おいしかったです。オススメ。 おじさんには冒険家だねってあきれられましたw



こうして長かった、二日間に及ぶ甲子林道・西部林道・元酷道の探索が終了しました・・・。

最後にもう一つ、写真を紹介したいと思います。

この酷道289号には、甲子林道以外にもう一か所、点線区間があるのです。それが八十里越。

ついで? なのでちょっと立ち寄ってきました。 点線区間はほとんど熊野古道みたいなもんで走破は無理なんです

けどね。 甲子林道にこだわったからにはやっぱり見ておきたい。

画像


画像


さすがに平日でちゃんと警備員さんいたんで、非常識な行動は控えました・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うっへ〜、すごい道ですね(*_*;比較的路面がよいダートが、自分が犬たちとシクロで走りに行く林道並みです^_^;ものすごい。
ご無事でよかった。
マッシャー
2010/12/15 23:40
コメントありがとうございます!
こんなところをシクロで走ってらっしゃるんですね〜。それも日常的に。
すごいです。
tigrillo
2011/01/01 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

甲子林道、西部林道 tigrilloという野良ネコの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる