tigrilloという野良ネコの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣山スーパー林道ツアー後半

<<   作成日時 : 2010/10/15 18:26   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

では後半。 剣山で落車したせいでできたアザもほぼ消えてきましたゆえ・・・、記憶もちょっとマイルドになってきて

いい感じですね。こっから先は相当ハードな内容になります。なにしろあのIに「もう死にたいとか言わない」と言わしめ

ましたからw 命は大切です・・・ええ・・・。



さて道の駅くぼかわから、朝早くスタートします。この日はどうしても剣山スーパー林道の入り口から5キロほどの

温泉、「べふ峡温泉」まで行っておきたかったので「今日は150キロ走らないとノタレ死ぬから頑張れ」と発破をかけ

Iを先頭にスタート。このメンバーだと、きちんと自炊しても一時間半出発できます。優秀優秀。

順調に走って桂浜で昼食。このツアー、やたらとお腹すきます。毎日ハンガー。そしてネコとの遭遇率が半端ない。

画像



水道の蛇口の下でごろごろしてるもんだから水かけたったらどうなるかな。・・とやってみたのがコレ。

まさかシェパード立ちで喜んで飲むとは思わなかった・・・。

高知市内、ごめん駅周辺で三日分の食料を買い出します。ここから先は店など

ありませんので・・・。でも補給食どんだけ要るんだろ? かばんはパンパンだし、、、、


そしてここからの登り。ここまで先頭を引いてきたIがお疲れモードで引ける人が前を引き、なんとかかんとか

夕方暗くなるまでにべふ峡へつきました。この日の晩ご飯は龍馬鍋w 高知らしいっすなw

画像


これでも三日目、身体もだいぶ調子づいて走れるようになってきました。135キロ、ほとんどマイぺ区間なし。



四日目。いよいよ剣山スーパー林道です。ところが温泉の人から、「夜から雨だよ」との情報をゲット。

さて・・・いかがしたものか。準備してると、夜からどころかなんとなく雲行きが怪しい。とにかく入口まで行ってみます

画像


げっ!!!! 全面通行止めじゃねぇか!! またかよ・・・・・・・・・・っ!

ううう〜ってなる後輩に、全面通行止めなんていつもどうにかして通れるから全然心配要らないが雲行きの怪しさ

が大問題であるということを説明。どうする?? と悩み。・・・・・・


結論。

   行く。



ですよねーーーーーーーそういうメンバーですもんね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大丈夫かよ・・・


画像


まだ元気なころ。この辺はまだ道もいいんです・・・。工事車両が毎日二台くらい通ってますから。ええ。

問題はここから先なのです・・・。しかしこの登り区間で自分が二回落車。一度は30cmほどの溝に完全に落ちて

SURLYの下敷きになり自力で起き上がれないアクシデント・・・・ すみません後輩方に心配をおかけいたしました。

このツアー、ここまでかと思ったそうですw だがアザと擦り傷だけで済み、前へwww

写真右のランドナーがこの段階でキャリアのネジをいくつか落とすというトラブル、そして一年生Tの落車。

考えてみたらいろいろやらかしてますがタイラップやら慣れやらでカバーw

で、問題の通行止めは・・・・

画像


工事のおっちゃん、本当にありがとう!! 優しい方ばかりで助かった! ユンボで下されるのはなんとか回避!

いやあこんなこと自分たちじゃできないですよ・・・。工事の人、強いなあ!

画像


はしごも無事通過。  かなり大規模な土砂崩れですね・・・

画像


おっちゃん「そこのプレハブでお昼ご飯食べてってもいいよ」

ありがとうございます! ということで・・・。このへんから雨がかなり激しくなり、キリが出てきました。

画像


なんだか普通に工事関係者みたいだwwww ここから見えるような距離にトンネルがあり、ひとまず峠。。

でもここからが本当に大変なことに。

クルマが通らないこと+落石で道はガレガレ、そして濃霧、雨。山の天気に翻弄されます。

でもあの工事区間を強引に通してもらったんだから・・・後戻りできないよな? ということでがんばる・・・

画像



ここまでも歩くことが多かったMに加え、自分もこの不得意な路面にやられて乗れなくなり歩き区間が増え

始めます。とにかく歩いてばかりだったM曰く、「自分は登山にきたみたいでした」だそうですw

いったん下って峠二つ超え、本日の目標ファガスの森の4キロ手前でスーパー林道最高所を迎えます。

ところが、、、、ここで 日 没

タイムリミットの六時が来てしまった・・・・。 そして雨の中、ブレーキを多用して下っているので全員ブレーキ死亡。

結論。 歩いてくだろう!!

幸いなことに距離は大したことない。問題は暗いということだけだ。(大問題だが)

一人のライトよりも、人数がいた方がまだ見える。四人でしっかりとかたまり、2×2で前に注意しながら

自転車を引いて歩きます。道も絶対合ってるとは断言できない中、遭難の二文字が

頭をよぎります・・・。ってかこれリアルに遭難してますよ・・・。

落ちたら本気で命はないので道の端っこに注意。それでもカーブがどっちに曲がってるか、キリと雨で光が拡散

してしまうため非常に判りにくい。なんとかファガスの森についたときには体力も気力も危険エリアへ。


てかファガスの森の人、ちゃんと予約しといたのに・・・。電気くらいつけておいてほしかった・・・

判らなくて通りすぎるとこだったよ・・・、メーターなかったらやばかったんじゃないか・・・

あまりに暗いのですぐ近くのトイレまでもペア行動を義務付けました。もう洗い物も省略。こんな夜初めて。

そしてこの日の行程、なんと65キロでアベレージスピードが6km!! こんなのも初めて。

画像


この夜、全員で屋根の下の一番奥に固まって寝ました。それにしても一晩中暴風、暴雨でものすごい状況でした。

山をナメてはいけません。 ファガスの森の受付がこんなふうに広い屋根をもっていたので助かりました。

そうでなければシュラフごとびしょぬれでそのまま死んでたかも。このツアーは死を身近に感じるな・・・


画像


翌朝。このツアーはずっと合宿並みのタイムスケジュールを課していましたがさすがに七時起きにしました。

二時間半出発を許可します。昨日の強行軍で自転車がボロボロになってるのでその手入れも兼ねて装備を

乾かしたり、ブレーキを調整したり。写真は面倒なVブレーキ勢ですねw Tのブレーキ交換にてこずってますw

画像


五日目は打って変わってよい天気。7〜8キロほど、ダートを下った後はオンに戻ります。

ボロボロの体力ゲージをうかがいながら、最短距離でべふ峡温泉に戻ります!

それにしても各自転車、問題かかえすぎw 無事なのはSURLYちゃんくらいじゃねぇかwwww


画像


I の漢ブレーキ。これは漢すぎるだろjk シューそのものがすでにない。彼は自分で自分のことを

「フロントブレーキの魔術師」って言ってましたからwww 匠の域に達してるなもうwwww

画像


こちらはMのランドナー。タイラップも切れてなくなってしまったらしく、靴ひもでキャリアをしばってますがwww

この日の走行は75キロほどだったかな。四時にはべふ峡につき、温泉でのんびり〜〜〜。

宿泊費も要らないって言ってもらいましたからww そりゃあ、全然設備とか使ってないからねぇ。

この宿、しかし実は問題の多い場所で、なんと 一 晩 中 落 石 が 止 ま ら な い のである・・・

ご飯を食べててもパラパラ、ガラガラ、時折山と私たちを隔てるフェンスにガアーン、そしてまたバラバラ・・・


おとといの宿泊の際にはみんなフェンスとトイレの間で星空のもと寝てたので後輩がいつ運悪く落石に当たって

死ぬが心配だと言ったら、、、、、、、二泊目はこうなりました。どうしてこうなった。。。

画像


いやあ、その線はそういうふうに使うためにひいてあるんじゃないぞ・・・。


六日目、最終日。

あまりの体力消耗に、予定していた京柱林道(べふ峡から439の京柱峠へ一直線につながる絶対やばいダート)

へ突っ込むのはあきらめ、ピストンになって非常におもしろくないがいったん高知へ下り、クルマへ向かうことに。

下り基調の道はMがガンガン引いて、上りはまったり・・・オンロードに感謝しながらw

100キロ弱の道を昼までに到着!! よかったよかった!米食いつくしちゃってご飯作れなかったもんね。

画像


一週間も道の駅に置き去りにしてごめんねエブリイ! いやあそれにしても無事にあって本当によかった。

これなくなってたら泥沼ってたよな、やっぱり。 んで。帰りはしまなみだけ高速に乗る予定だったので。

廃鉱山やらあやしい白い道やら、やっぱり酷い道を探検しながら広島まで帰りましたとさ・・・。お約束だな。

画像


生きててよかった。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
行けなくて悔しがっていたのですが、ブログを見て「行けなくて良かった」と安堵しています。

あー、すごいすごい(棒読みw)

本当にお疲れ様ですw
しんばる
2010/10/15 21:00
久々に読ませていただきました
自転車M人生、爆走中って感じ
これからも色んなとこ行って楽しんでレポしてください
しかし酷い道だね〜僕には無理。
案内人
2010/10/16 09:34
駐車場の寝床×4、爆笑でした。
剣山は本当に凄い道だね、通行止めになるだけあるな〜。
走ったことを尊敬します。
うらら
2010/10/17 11:27
>>しんばる氏
いやあ! とんでもない。参加できてたらきっと楽しかったと思うよ?
しんばるくんと一緒に旅にいきたいなあ〜〜wwww

>>案内人さん
確かにちょっとロードでは無理かも。
いつもブログみてくださってありがとうございます!

>>うらら
爆笑いただきました〜w
今度はモーターつきの乗り物でいけたらなぁ
tigrillo
2010/10/28 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

剣山スーパー林道ツアー後半 tigrilloという野良ネコの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる