tigrilloという野良ネコの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤原鉱山について

<<   作成日時 : 2010/08/27 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前回の酷道477ツアーで行けなくてとても残念だったので藤原鉱山についていろいろと調べてみました。

主催者の方いわく、

「友人がこの近くの町に住むことになったらしいのでぼ〜っと地図を眺めていたらおもしろそうつづら折りが

見つかったので調べたら廃墟とかあって面白そうだったしチャリで登ってみたかった」

とのこと。いろいろと突っ込みどころはあるのだがまず一点だけ・・・。

いつもそうやっておもしろそうな道見つけてるの!?


で。この藤原鉱山というやつであるが、まず三重県いなべ市にある太平洋セメントの石灰石を産出する鉱山らしい。

たしかに駅にあった貨物車には全てそんな名前が書かれていた。

それだけではなく、その周辺の山々では普通に石灰石が出るようで、大正時代から場所を移転しながら

存続しているようである。現在存在するのが東藤原駅すぐ奥にある藤原鉱山である。彼はこの奥にある

石灰石を掘り出すためのつづら折りに目をつけたようであるが、ここは単純にダンプのための道であって

廃墟などがあるわけではないようだ。グーグルの航空図を最大にして見たところ、ここのヘアピンはものすごいが

まんなかの方のいくつかの部分はもうすでに削られてしまって存在しておらず、その上のいくつかは残っている

ものの、さらに上に行くと複雑に枝分かれしてその全てが行き止まりとなっている(当然か・・・)


ちなみに東藤原駅の駅員さんにこの道行きたいんですけどと聞いてみたところ、私道なので公開はしていない

と断られたし、実際いってみたら重機やセメント用のパイプなどがたくさんある上、従業員の方々もたくさんいて

とてもチャリに乗ったひと集団が攻め入れるような雰囲気ではない。ここに関しては公開される記念日などを

待つよりほかはないと思われる。


問題はここから先である。

調べていたところ、大昔に存在した「白石鉱山」俗に「白い迷宮」とあだ名される、彼の言ってるような廃墟が

存在することが判ってきた。ただし、彼の目の付けた場所からは少し離れており、完全に別の場所である。

詳しい場所は行ったこともないし、公開するのはためらわれるので書かないことにするが、その道の人には

有名スポットであると同時に名水のスポットでもあり、さらにその廃墟を超えたところに見どころがあるらしいのだ。

チャリで遊びに上るには最適な道っぽい。が、ただしダートである。また、つづら折れてはいないので道としての

面白さはだいぶ下がってしまうがそれでも鉱山の廃墟と名水と、そしてその奥の見どころがあれば十分な

ツーリングスポットとなろう・・・。なんだかわくわくする。

ここを訪れた写真がたくさんあるブログをいくつか紹介。確かにおもしろそうだ。

http://rusty-garden.lix.jp/ruins_file/08_shiraishi/08_shiraishi_03.html

http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.fujiwara.htm

また、ここのいいところは完全に抜けられるっぽいということ。

別アプローチの林道が存在し、クルマではかなり下に止めて遊歩道でアプローチしなくてはならないようだが

チャリだったらそのまま突っ込んで林道へ抜けることが可能でありそうな感じであるところが魅力的。

これは・・・・リベンジですかねぇ・・・。


おまけ。

滋賀県からかなりショートカットでいなべ市に至れる、点線の峠。どうも通ってるみたいです。

この山中はしっかり走っておく価値がありそう。

どっちにしてももういしぐれ峠のコンクリートゲート部分をショートカットで通すトンネルはもうすでにできてしまって

いました。いしぐれ峠の通行止めが通されることはもう二度とないでしょう。まだあの程度なりとも見られるうちに

行っておくべきかと思われました。ああ、、、また酷道が一本なくなってしまいそうだ。さびしいなあ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
追加リサーチ乙です!
というか、拙者、イキオイばっかりの全然抜け作でしたね。
すんません(汗)。
白い迷宮でさ迷った挙句に林道へ抜けるリベンジ、是非ともやりませう!
あわよくば、例の抜けられる??点線道も・・・?
トーマス
2010/08/31 00:08
とんでもない!! 
こんな道を見つけた功績は大きいかと。
あのつづら折り、私の持っている地図ではなんか適当にごまかしてあってあんなにキレイに表示されていません。

そうですね、関西は日本の真ん中へんであり、東京・広島の人間にとっては比較的集まりやすい場所だと思います。
またよろしくお願いします!
tigrillo
2010/09/10 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

藤原鉱山について tigrilloという野良ネコの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる